メイラックスがドーピングになる可能性はない

 

よくニュースなどで目にしますが、スポーツ大会で「ドーピング検査」で禁止薬物の使用がバレてしまい、失格になる選手がいます。わざと使っているならまだしも、場合によっては知らないで使ってしまったケースもあるようです。

 

そこで気になるのが「メイラックスはドーピング検査にあたるのか」という部分です。

 

 

↑は「日本薬剤師会」の発行しているアンチドーピングガイドブックに記載されている内容ですが、「利用可能な薬剤」にメイラックスが記述されているので、ドーピングにはあたらないということがわかります。

 

禁止薬物リストを調べる

 

すでに解説したように、メイラックスは現在のところ禁止薬物にはあたりません。服用することで運動のパフォーマンスが多少落ちる可能性はありますが、服用していることで失格になるようなことはありません。

 

とはいえ、禁止薬物のリストは毎年更新されているので、今後メイラックスが禁止になる可能性はゼロではありません。また、メイラックス以外にいろいろな医薬品を併用していることもあるはずなので、禁止薬物については自分で調べられるようになっておいたほうがよいでしょう。

 

一番確実なのは、WADA(世界アンチドーピング機構)の禁止リスト(Prohibited List)を見る方法です。

 

 

WADAの公式サイトにアクセスしたら、「Download the 〇〇 Prohibited List」をクリックすると、英語の禁止薬物一覧を見ることができます。

 

 

試しに、筋肉増強剤のオキシメトロン(英語名:Oxymetholone)を検索してみたところ、ヒットしました。つまり、これは禁止薬物ということになります。もし今服用している薬が複数あるなら、英語名で検索して調べてみてください。