メイラックス服用中の運動の影響とは?

 

メイラックスの服用中に、「運動してもいいのかな?」と気になっている人もいるでしょう。

 

  1. メイラックス服用の理由
  2. メイラックスの運動リスク

 

↑の2つの側面から、メイラックス服用中の運動については検討が必要です。

 

メイラックスを服用している理由は何か?

 

まずはじめに、どうしてメイラックスを服用しているか? ということを考えないといけません。

 

  1. 神経症における不安・緊張・抑うつ・睡眠障害
  2. 心身症(胃・十二指腸潰瘍、慢性胃炎、過敏性腸症候群、自律神経失調症)における不安・緊張・抑うつ・睡眠障害

 

というのも、メイラックスを服用するということは、↑のいずれか(あるいは両方とも)の症状を治療中ということになるからです。つまり、運動してもいいのかどうかは、↑の2つの症状で分けて考える必要があるのです。

 

神経症からくる不安や抑うつ・睡眠障害

 

メイラックスを、「神経症からくる不安や抑うつ・睡眠障害」の治療目的で服用している場合、基本的には運動はおすすめです。なぜなら、不安や抑うつ、不眠症などの治療方法の中には、「運動療法」と呼ばれるものがあるからです。

 

まず第一に、運動をすると体の血のめぐりがよくなります。その結果、脳の神経伝達物質の栄養源となる成分(BDNFと呼ばれる)が増えると言われています。不安や抑うつ、不眠症はセロトニンなどの神経伝達物質の不足が原因の1つと言われているので、運動をすることで神経伝達物質が増え、症状が緩和されるとされています。

 

次に、「体力がつく」という部分も要注目です。運動をして体力が付くのは当たり前の話に聞こえますが、不安・抑うつ状態が長引くと、運動しなくなり体力が落ちていきます。体力がないと疲れやすくなり、ストレス耐性や集中力もどんどん低下していくので、たんに「体力をつける」ことも不安や抑うつを改善するうえでは重要な要素となります。

 

あとは、「太りにくくなる」という点も見逃せません。不安・抑うつ状態だと運動しなくなるので、太りやすくなってしまいます。運動をすることで、体重増加を抑えることができるのです。

 

このように、不安症・うつ状態は「運動療法」によって改善する可能性があります。なので、メイラックスを服用中で、なおかつ不安症・うつ状態の治療中なのであれば、むしろ運動は推奨されるのです。

 

胃・十二指腸潰瘍、慢性胃炎など

 

胃・十二指腸潰瘍、慢性胃炎などの心身症の治療のためにメイラックスを服用している場合、事情が少し違ってきます。もちろん、もともとの原因がストレスや不安にあるなら、運動は効果があります。しかし、実際に胃腸に症状が出てしまっており、その状態で無理な運動をすると、症状を余計に悪化させてしまう可能性があります。

 

 

 

このように、基本的にはメイラックス服用中の運動は推奨されます。しかし、なんらかの胃腸症状などがある場合は、その限りではありません。症状と合わせて、運動してもいいか悪いかを考えていく必要があるでしょう。

 

メイラックス服用時の運動リスク

 

メイラックスを服用しているということは、不安症やうつ状態、不眠症の治療中ということになるはず。その場合、運動は症状を抑えるのに役立ちます。

 

ただ、ここでもう一つ考慮しておきたいのが、「メイラックスそのもののリスク」です。メイラックスにはいくつかの副作用があり、中には運動に支障が出てしまうケースもあるのです。

 

メイラックスの副作用の中でも、運動に関わりそうなのは

 

精神的な症状 眠気、めまい、頭痛など
骨格筋の症状 倦怠感、脱力感、疲労感など
消化器系の症状 吐き気、便秘など

 

上記の3ジャンル(精神系、骨格筋系、消化器系)となります。運動のパフォーマンスが下がったり、運動のせいで副作用の症状が重くなる恐れがあるので、これらの副作用症状が出ている間は運動は控えたほうがよいでしょう。

 

>>メイラックスの副作用【断薬の離脱症状を抑えるには】

 

メイラックスの副作用については、詳しくは↑の記事を見てください。

 

繰り返しになりますが、基本的にはメイラックス服用中の運動は推奨されます。しかし、治療中の病気、あるいは副作用の症状によっては運動しない方がよいケースもあります。体がつらいようなら運動しないようにするのが無難でしょう。