メイラックスを手に入れるには医師の診察が必要?

 

メイラックスは、国内でもっとも多く処方されている抗不安薬です。おもに、不安や緊張をやわらげたり、筋肉の緊張をとる作用があります。メイラックスの抗不安作用は強力で即効性があるため、症状に悩む患者さんからの満足度の高い薬です。このように、多くの人に飲まれているメイラックスですが、気軽にどこでも買える薬ではありません。手に入れたいなら、まずは精神科、心療内科などで医師の診察をうけて、処方してもらう必要があります。

 

メイラックスを処方してもらいたいなら、医師になんといえば良いでしょうか。メイラックスは鎮静・催眠作用があるため、「眠れない」「不安や緊張がつづく」などのうつ症状があることを伝えると良いでしょう。さらに、過去にメイラックスを処方されていた、効果があった、などの経験があれば処方されやすいため、かならず申しでてください。なお、受診する科が分からないという人なら、心療内科を受診すると良いでしょう。どうしても不安があるなら、事前に電話で相談することもできます。

 

そのほかの科であれば、整形外科でも処方される可能性があります。メイラックスには、筋肉のこわばりをほぐす筋弛緩作用があり、ひどい肩こりや腰痛の患者さんにも使われるからです。

 

医師の指示を守らないとどうなる?

このように処方されやすいメイラックスではありますが、医師から指示された用法・容量はかならず守りましょう。薬にはどんなものでも副作用のリスクがあり、メイラックスも例外ではありません。効き目が強いメイラックスは、副作用もでやすい薬です。乱用することで、呼吸が止まり植物状態になるなど、危険なケースも報告されています。軽い気持ちで飲みすぎないよう注意しましょう。また、長期に服用することで、依存性により薬が手放せなくなったり、離脱症状で薬をやめにくくなります。こうした事態を防ぐためにも、むやみに服用するのはやめて、医師の指示には必ずしたがいましょう。

 

メイラックスは、安全で効き目がしっかりした薬ですが、用法・容量をまもったうえで服用することが大切です。症状が軽くなったからといって、勝手に薬の飲み方を変えるのは危険です。急に薬を減らすと、離脱症状を起こす可能性があります。症状に変化があったら、早めに医師に相談しましょう。