メイラックスの副作用・離脱症状を徹底解説

当記事では、メイラックスの副作用や離脱症状、そして断薬の方法を解説しています。少し長い記事になりますが、ぜひご覧ください。

 

目次

 

メイラックスとは?

メイラックス(成分名:ロフラゼプ酸エチル)は、1989年に明治製菓(現ファルマ)から発売された、比較的新しいベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。抗不安薬は不安感を和らげる作用を持っており、神経症や心身症などによる不安、緊張、躁鬱、睡眠障害などに効果を発揮します。

 

同種類のなかでメイラックスは作用がやや強く、作用時間も長いのが特徴です。副作用の頻度は少ないものの、作用時間が長いという特性上、副作用も長く出てしまう可能性もあり、注意が必要です。

 

メイラックスの離脱症状を抑えた方法

 

メイラックスを減薬したり、急にやめたりすると、離脱症状が起こる可能性があります。そのため、「やめたいけど、やめられない…」という状態になりやすいのが難点です。

 

私の場合も、依存性や耐性ができてきたのが問題でした。メイラックスを服用している間は、効果が長く続くので重宝していましたが、日に日に効果が薄れていく感じがして、最終的には「メイラックスがないと、不安で仕方がない」という状態になったのです。

 

メイラックスを服用中は、時おり日中の強い眠気や、しつこい倦怠感・脱力感などがあったので、服用を抑えようとは思っていました。しかし、少し飲むのをやめると、夜に不眠が出たり、ふるえが現れたりしていました。

 

 

メイラックスの他にも、デパスやマイスリーなど服用していたので、メイラックスだけが原因というわけではないでしょう。ですが、いずれにしても依存がどんどん増していくのに恐怖感がありました。

 

ドリンクタイプのサプリを利用

 

私は現在、ドリンクタイプのサプリを利用しています。睡眠に作用したり、心を落ち着かせるサプリはいろいろありますが、メイラックスと似た、セロトニン分泌に影響するサプリを見つけたので活用しています。

 

不安が出やすい人、なかなか眠れない人は、セロトニンが不足していることが多いということなので。

 

医薬品ではありませんし、副作用・依存性の心配もないです。

 


 

ドリンクタイプの詳細はこちら

 

 

 

1回分のクワンソウ含有量

ドリンクタイプ

1000mg

F社サプリ

未記載

V社サプリ

90mg

K社サプリ

400mg

 

↑はドリンクタイプのサプリと、粒タイプのサプリの「クワンソウ(眠り草と呼ばれるハーブ)」含有量の一覧です。クワンソウ1つを見ても、ドリンクの方が格段に配合量が多いのがわかります。

 

サプリなんて効かなかったよ、という経験をした人も多いことでしょう。粒タイプだと、配合量が少ないので、どうしてもそうなってしまいます。

 

 

計量カップで計れるので、1日分を飲むのもかんたんです。私の場合、夜お風呂に入ってから15ccを飲んでいるのですが、1カ月以上もちます。

 

匂いについては、漢方とレモンを足したようなにおいが少しあります。味も漢方プラスレモンと言う感じ。ただ、ノニジュースみたいにマズかったらいやだなぁ、と思いましたが、案外飲みやすいです。

 

私の場合は、摂取をはじめてから1週間くらいはあまり変化ありませんでした。なので、またダメかなぁと思ったのですが、10日目くらいからだんだん寝つきがよくなり、悪夢も減りました。

 

 

↑はスマホアプリで取っている睡眠ログです。悪夢を見て目覚めたりして、早朝覚醒することもありました。

 

 

しかし、↑のように、3カ月くらい経つころにはコンスタントに6~7時間は眠れるようになりました。眠れないとき以外は薬を飲まなくなったので、減薬・断薬も順調にきています。

 

日ごろの休息がしっかりできるようになったことで、日中、急に不安に襲われることもかなり減ってきました。

 

 

もし現在、メイラックスやデパス、マイスリーといったさまざまな向精神薬を飲んでいるなら、副作用や離脱症状が心配でしょう。そんなときに、ドリンクタイプのサプリがあれば心がすごく楽になります。

 

もちろん、絶対に誰にでも効くわけではないと思います。でも、「これがあれば、安心だ」というものがあると、すごく心がラクなんです。

 

成分がたくさん入っているので、安いものではありません。ただ、お試し価格もあって1日200円くらいで試せますし、薬よりずっと安心なので試してみてください。

 

マインドガードDX 公式サイト
http://kokoronoaojiru.com/

 

(公式サイトは睡眠に関する説明が多いですが、不安などに関しても期待できます)

 

 

メイラックスの副作用確率・頻度は?

 

まずはじめに知っておきたいのが、メイラックスの副作用出現確率・頻度です。パーセントでメイラックスの副作用確率がわかっていれば、どのくらいの頻度で症状が出てしまうかイメージしやすいはずです。メイラックスの添付文書(取扱説明書のようなもの)をチェックして、メイラックスの副作用確率をチェックしておきましょう。14,000件以上の使用例から導き出された確率なので、信憑性も高いです。

 

病例

副作用発生確率

14, 522例中545例

3.75%

参考ページ:メイラックス添付文書

 

↑がデータとなります。実際の出現率とはある程度誤差があるかもしれませんが、だいたい3~4%と思ってよいでしょう。

 

3~4%と言われてもピンとこないかもしれないので、他の医薬品との比較を見てみましょう。

 

医薬品種別

副作用の確率

抗生物質(クラビット、クラリスなど)

約3~4%程度

解熱・鎮痛剤(NSAIDs:ロキソニン、ボルタレンなど)

約3~10%程度

向精神薬(アモバン、デパスなど)

約3~25%程度

 

なじみ深い医薬品と言えば、抗生物質や鎮痛剤があります。ものにもよりますが、3~10%程度の副作用率があります。メイラックスの副作用確率は3~4%なので、それほど変わらないと言えます。

 

次に、メイラックスと同じ向精神薬との比較ですが、向精神薬は副作用率が医薬品によって結構まばらで、3~25%とかなり幅があります。メイラックスはその中でも、比較的副作用確率が低いと考えていいでしょう。

 

総合的に考えると、数字だけ見ればメイラックスはそれほど副作用が強くない医薬品と見えるかもしれません。

 

メイラックスの副作用について詳しく教えて!

 

メイラックスは長くゆっくりと効いてくるために、副作用も緩やかであることが多く、一般的にメイラックスの副作用は多くないと言われています。しかし全くないわけではなく、ゆっくり弱く出ることがあります。

 

また、半減期が長いため、いったん副作用が出るとその症状は数日続くことになります。いくら副作用が弱めとはいっても、人によっては強い症状が出ることがあり、なかなか抜けないという事態におちいってしまいます。そのため、人によって合う合わないが出やすい医薬品であると言うこともできます。

 

ここでは、メイラックスを服用することによってどんな症状が現れるのか、詳しく解説していきます。

 

メイラックスの精神的な症状【眠気、めまい、頭痛など】

 

メイラックス副作用でもっとも多いのが、精神系の症状になります。全ての症状のうち、約65%がこれから紹介する精神症状となっています。

 

0.1~5%未満

0.1%未満

眠気、ふらつき、めまい、頭がボーッとする

頭痛、言語障害(構音障害等)、舌のもつれ、しびれ感、霧視、味覚倒錯、健忘、いらいら感、複視、耳鳴、不眠

 

メイラックスの精神的な副作用で一番注意すべきなのが「眠気」です。作用時間が数日間にわたるため、しっかり眠っても眠気を次の日に持ちこしたり、起きれずに寝すぎてしまうなどの副作用が認められています。

 

また、物忘れが激しくなったり、ろれつが回らなくなるといった症状もありえるので、人としゃべる仕事をしている場合は注意が必要でしょう。

 

確率は低いですが、妄想や幻覚を見たり、めまいを起こすといった副作用のデータもあります。特にめまいやふらつきは転んでケガをしたり、車の運転中に事故を起こすといったトラブルもありえるので警戒しましょう。

 

起きられない、過眠 効果時間が非常に長いので、翌日に眠気を持ちこしたり、眠りすぎたりする。
眠気がひどい 効果時間が長すぎるため、眠気が抜けない。
健忘、物忘れ 物忘れが激しくなる場合がある。
ろれつが回らない 言葉がうまく出なくなる。
妄想、幻覚 事実と違う考えにとらわれたり、幻覚・幻聴を起こしたりする。
めまい 平衡感覚を失ってめまいを起こす。

 

これらの精神系症状がでる原因ですが、もっともありえるのが「メイラックスそのものの作用の影響」です。

 

例として「眠気」について考えてみましょう。メイラックスは、脳の中枢神経を抑制し、不安を抑えます。しかし、脳が抑制されるということは、それだけ「眠気」が強くなるということでもあるのです。睡眠障害がある人にとってはありがたいことに思えますが、副作用にカウントされる眠気は「日中に出る異常な眠気」のことなので、日常生活においては不都合なのです。

 

同様に、メイラックスの「不安を抑える作用」が強く出過ぎてしまうと、気分高揚・興奮が起こったり、イライラ感が現れたりします。

 

中枢神経が抑制されることによって記憶障害が起こり、一定時間記憶がないなどの「健忘症」の事態もありえます。さらに、お酒に酔ったような感覚に陥り、ろれつがまわらない、意識朦朧とするなどのトラブルもありえます。もし「あがり症」対策としてメイラックスを服用する場合、こういった事態にならないことを確認しておかなければいけません。

 

メイラックスに限らず、抗不安薬や睡眠薬を高齢者が長期服用すると認知症リスクが上がると言われています。長期間、脳に作用するために、脳が委縮してしまうことがあり、高齢者の場合認知症になりやすくなってしまうのです。

 

そのため、高齢者がメイラックスを服用する場合は、服用の頻度に注意をし、大量摂取は避けなければいけません。

 

私のメイラックス減薬・断薬方法

 

メイラックスの副作用がつらいなら、ドリンクタイプサプリに少しずつ切り替えてみるのも手です。

 

私の場合も、「ずっと薬に頼っていていいのかな」という心配がありました。服用量も増えていきますし、いつか大変なことになるのでは…と不安でいた。

 

ドリンクタイプのサプリを利用してからは、10日ほどで夜眠りやすくなりました。しっかり休息を取ることで、日中もリラックスして過ごせることが増えてきました。

 

ずっと薬を飲まないとダメなのかな……という人におすすめです。主成分がセロトニン分泌に関係しているために、抗不安にも作用するそうです。

 

マインドガードDX 公式サイト
http://kokoronoaojiru.com/

 

(公式サイトは睡眠に関する説明が多いですが、不安などに関しても期待できます)

 

メイラックスの骨格筋の症状【倦怠感、脱力感、疲労感など】

 

メイラックスの副作用の中で、2番目に目立つのが「倦怠感」「疲労感」といった骨格筋の症状になっています。

 

0.1~5%未満

0.1%未満

倦怠感

脱力感、易疲労感、筋弛緩

 

メイラックスでは、倦怠感や脱力感といった「だるい」と感じる症状、さらには体が疲れやすいなど、身体的な症状についてもよく見られます。これらの症状については、メイラックスの筋弛緩作用が強く関わっています。メイラックスと同様の抗不安薬としては「デパス」がありますが、デパスも筋弛緩作用があり、そのせいで肩こり治療に使われることもあるくらいです。

 

メイラックスはデパスほど筋弛緩作用がないので肩こりには使われませんが、それでもある程度の筋弛緩作用はあるのです。

 

メイラックスの筋弛緩作用が強く出やすい体質の人の場合、体に力が入らなくなり、倦怠感や脱力感が出てしまうことになります。そのため、精神系症状と合わさってふらつきなどが出ることもあり、運動のパフォーマンスが下がるためスポーツなどは避けたほうがいいかもしれません。また、車の運転についても、集中力が続かなくなるおそれがあるため基本的には禁止となっています。

メイラックスの消化器系の症状【口が渇く、吐き気、便秘など】

 

メイラックスの副作用として見逃せないのが、消化器系の症状です。

 

0.1~5%未満

0.1%未満

口渇

嘔気、便秘、食欲不振、腹痛、下痢、胃痛、口内炎、胸やけ、心窩部痛、頻尿、残尿感

 

消化器系症状が出る理由のうち、最も大きいのがメイラックスの「抗コリン作用」です。

 

メイラックスはベンゾジアゼピン受容体に関わっており、抗不安・睡眠作用があるのですが、他にも「アセチルコリン受容体」の阻害作用もあるのです。

 

アセチルコリン受容体は神経電脱物質の「アセチルコリン」を受容することにより、副交感神経をコントロールします。口・食道、胃腸といった消化器系は、副交感神経によってバランスを保っているわけです。しかし、メイラックスを服用することでアセチルコリン受容体が阻害され、アセチルコリンの副交感神経のコントロールが弱まってしまうのです。

 

口や喉が渇く、嘔気(吐き気)、食欲不振、口内不快感、胃部不快感等

 

↑は、抗コリン作用によって起こる消化器系症状の代表例ですが、メイラックスの消化器系症状と共通しています。

 

また、アセチルコリンは膀胱の動きの管理も行っているため、

 

頻尿、残尿感

 

上記のような泌尿器系の症状も出ることがあります。

 

消化器系の症状の強弱については、体質が大きく関わっています。なので、人によってはメイラックスの服用で強い消化器系症状が出て、服用を続けられないというケースもあります。その場合は、医薬品の変更などを検討しないといけません。

 

しかし、メイラックスだけでなく、デパス・レキソタン・ソラナックスといったほとんどの向精神薬には抗コリン作用があります。なので、切り替えたところでまた症状が出る可能性は高いです。なので、医薬品なしで不安・不眠を克服することが大切なのです。

 

メイラックスの肝臓症状【肝機能障害】

 

医薬品と言えば肝臓・腎臓への負担がつきものですが、メイラックスもそれは変わりません。

 

0.1~5%未満

0.1%未満

肝機能障害(γ-GTP、ALT(GPT)、AST(GOT)、LDH上昇)

-

 

メイラックスは、主に肝臓を使って代謝されます。代謝機能があるために、メイラックスを服用してもだんだん血中濃度が薄れ、体内から排出されることになります。もしこの機能がないとすれば、メイラックスは体に留まり続けるため、不都合が多いのです。

 

ただし、代謝をするためには肝臓が一生懸命働かないといけないので、それなりの負担があります。健康体であればそれほど問題にはなりません。しかし、肝臓が弱っていたり、肝機能障害をもっていたりすると、メイラックスの代謝の負担のために症状が悪くなるケースもあります。

 

それに、肝臓が弱っていると、メイラックスの代謝が遅くなってしまい、血中濃度が高まりすぎて効果が強くなったり、想定しているより長く作用が出てしまったりなど、正しく治療するうえで不都合が出てしまいます。

 

肝硬変といった重度の肝機能障害を持っている人の場合、メイラックスについては「慎重投与」という扱いになっています。自己判断で服用するとさまざまなトラブルが考えられるので、投与量などについては医師と相談の上決める必要があります。また、今まで気にしてなかった人でも、もし健康診断等で肝臓の数値を注意されたときは、メイラックスの服用についてもしっかり意識するようにしましょう。

 

メイラックスの過敏症状【発疹・蕁麻疹やかゆみなど】

 

体がメイラックスに過敏反応を起こし、発疹・かゆみなどの症状が出るケースがあります。

 

0.1~5%未満

0.1%未満

発疹

皮膚瘙痒感(かゆい)

 

確率としては低いですが、メイラックスを服用した際に、発疹・蕁麻疹や皮膚のかゆみなどが出るケースがあります。これは、体がメイラックスに「過敏症」を起こしているためです。

 

過敏症というのは、体の免疫機能の過敏反応によって、皮膚に発疹・かゆみ・むくみなどを起こす症状です。ほとんど起こることはありませんが、体質によっては過敏症が出てしまいます。

 

実は過敏症はどんな医薬品でも起こる可能性があります。風邪薬に過敏反応したり、ビタミン剤で発疹が出るなんて人もいます。なので、メイラックスで過敏症が出てしまうのは、「たまたま、運が悪かった」と言わざるをえません。

 

もしメイラックスで過敏症が出る場合は、その後は一切服用禁忌(NG)となります。即刻メイラックスの服用はやめ、医師に相談の上医薬品の切り替えなどを行いましょう。

 

メイラックスのその他の副作用症状

 

ここまで紹介した症状以外にも、メイラックスにはいくつか副作用が認められています。

 

0.1~5%未満

0.1%未満

-

貧血、好酸球増多、白血球減少、発赤、性欲減退、ウロビリノーゲン陽性、冷感、いびき

 

まず注目したいのが「血液系」の症状です。白血球減少などが起こり、貧血などを発症することがあります。場合によっては動悸や血圧低下などもありえるので注意が必要です。

 

また体が冷えたように感じる「冷感」があるため、冷え性の場合は症状が重くなるかもしれません。寝ている間のいびきが強くなったりもします。

 

列挙はされていませんが、副作用症状が重なった結果生理不順などが現れるケースもあるようです。何か症状が出て、「メイラックスのせいかも…」と思ったなら、すぐ医師に相談してみることをおすすめします。

 

メイラックスの重大な副作用について

 

メイラックスには、低確率ではあるものの、命にかかわることもある「重大な副作用」も存在しています。あらかじめ知っておきましょう。

 

  1. 刺激興奮、錯乱(0.1%未満)
  2.  

    通常不安を抑える作用が出ますが、まれに刺激興奮・錯乱状態になることがあります。急に落ち着かない様子になったり、取り乱して暴れる・物を投げるといった状態になります。

     

  3. 幻覚・幻聴(0.1%未満)
  4.  

    実際にはないものを見たり、聞いたりしてしまうことがあります。そのために混乱し、錯乱状態に陥ることもあるので要注意です。

     

  5. 呼吸抑制(0.1%)
  6.  

    呼吸機能が抑制(1分間に10回以下の呼吸数しかない)状態に陥ることがあります。もともと呼吸機能が弱っていた場合、炭酸ガスナルコーシス(自発呼吸が困難になり、意識障害などが起こる)におちいることもあるので注意しましょう。

 

いずれの場合も、きちんと経過を観察し、異常があるようなら速やかにメイラックスの服用は中止しましょう。そして、すぐに医師の診察を受け、適切な処置をしてもらいましょう。

 

メイラックスの依存性や耐性形成、離脱症状

メイラックスで一番注意すべきは依存性、耐性形成です。

 

「依存性」はそれなしではいられなくなること、そして「耐性」は長くゆっくり効くことで体が薬に慣れてしまうことです。そのため、メイラックスを長期連用していると、2錠、3錠と量を増やさないと効かなくなってしまうのです。依存についても、服薬期間が長期化するほどリスクは上がります。

 

そして、依存性や耐性が高まった状態で断薬をすると、離脱症状に襲われることになります。

 

メイラックスの離脱症状とは?

メイラックスを長期連用して、依存・耐性がついてから断薬をすると離脱症状が起こります。

 

落ち着きのなさ、イライラ、緊張、頭痛、肩こり、吐き気、悪心、動悸、震え、発汗

 

↑が代表的な離脱症状となります。メイラックスが体から抜けるまでの間、上記の離脱症状が起こるため、我慢できずにまた服用を開始してしまう例が後を断ちません。

 

そのため、普段からしっかりと用法・用量を守り、やめるときにもスムーズに断薬できるように考えておくことが非常に重要となります。

 

私のメイラックス減薬・断薬方法

 

ドリンクタイプのサプリのお世話になっています。ドリンクだけあって、有効成分の配合量が格段に多いのが魅力です。即効性があるわけではないのですが、少しずつ生活が楽になってきています。もちろん、依存性・耐性の心配はありません。

 

 

睡眠状況は↑のとおりです。早朝覚醒しにくくなり、6~7時間眠れるようになっていて、目覚めもいいです。

 

「これでどうにかなりそう」という安心感があります。

 

主成分がセロトニン分泌に関係しているために、抗不安にも作用するそうです。

 

マインドガードDX 公式サイト
http://kokoronoaojiru.com/

 

(公式サイトは睡眠に関する説明が多いですが、不安などに関しても期待できます)